姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > 庭の仕事をするようになったきっかけ

庭の仕事をするようになったきっかけ

5b1da1e47584782b8de4c6ca897e106474-column3
こんにちは(^_^)
姫路市のお庭のことならサンガーデンへ。
和洋造園外構エクステリア工事はお任せ下さい。
姫路市飾磨区のお庭づくり専門店です。

株式会社サンガーデン太陽の庭人田中です(^_^)
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

庭の仕事を選んだ理由

20170809053905-column2
田中が庭の仕事を選んだ理由

私の父は庭職人でした。

小学3年生くらいになると父の仕事のお手伝いをしていました。お目当ては3時と10時の休憩に出してもらえるおやつやジュースでした。

ある日父が「今日はついて来たらあかん!」

お目当てのおやつやジュースが・・・

なんとか父を説得し離れた場所で見ているでけという条件で付いていきました。

現場に行くと今まで見たことない大きなクレーン車にビックリ!!

父の合図で次々と大きな石や植木が運ばれあっという間に日本庭園がで造られていきます。

私は施主のおじさんとおばさんの3人で庭が出来るのを眺めていました。

その時おじさんと場さんの会話

「お庭が出来るんが夢やったんや!春になったらここで花見をするんやで!」

と目をキラキラさせながら

それを聞いた時

「父ちゃんかっこええ!!庭ってこんなにも人が喜んでくれるんや!スゴイ!!僕も庭の仕事する!」

そう決めたのが小学3年生の時でした(^^)

小学生の文集では将来の仕事でもみんなのパイロットや宇宙飛行士やプロ野球の選手と並んで「植木屋さん」だったのです(笑)

そんな田中も中学になっても相変わらず父の仕事は手伝う日々を過ごしていました。

高校も行かないといけないのですが造園科があることが分かり普通科ではなく造園科へ進学しました。

その後、京都の造園屋さんに修業し現在庭の仕事を始めてから30年が経ちました。

あっという間の30年でした。

30年前は技術に勝るものはないと信じて親方の技術を習得するのに本気になっていました。

ここ最近では知識も技術と同じウエイト付けが必要であることを肌で感じています。

その為、昨年より大学に入学し更なる専門知識を学び始めています。

先日長男がアルバイトで仕事に行く姿を見て私の父が嬉しそうな顔をしていまいた。

一代目、二代目、三代目と続く造園会社になればよいのですが(^^)

でも二代目としての役割もしっかりとこなさなければ三代目へのバトンを渡すことが出来ません。

今までも庭ひとすじ

これからも庭ひとすじ

庭の事しかできない田中ですが

庭の事なら誰にも負けない!!

そんなレベルまで成長していけたらと思っています。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
明日も元気いっぱいイキイキと!田中でした(^^)

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク