姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > 庭造りの面白さ

庭造りの面白さ

5b1da1e47584782b8de4c6ca897e106474-column3
こんにちは(^_^)
姫路市のお庭のことならサンガーデンへ。
和洋造園外構エクステリア工事はお任せ下さい。
姫路市飾磨区のお庭づくり専門店です。

株式会社サンガーデン太陽の庭人田中です(^_^)
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

細部にまでこだわる庭

DSC09886-column2
庭造りの面白さと言えば

図面上で表現できない所にあるのではないかと考えます。

外構や造園工事でプランの中に描くことのできない繊細な場所の事です。

もちろんデザインの構成がちゃんとできているという前提でお話します(^^)

特に植栽などは植える人のセンスに頼られてしまいます。

大まかな配置は図面上でできるのですが、実際の植木は高さや幅に加え枝ぶりはすべて違います。

木の向きを変えるだけで空間が変わって見えるので不思議なものです。

その場のアドリブも重要なことです。

木々の組み合わせ方や植え方によって雰囲気が変わりますし、木の配置も計画通利よりも軽微な変更をした方が良いケースもあります。

感性の問題にはなってきますが、ただ何となく変更するわけではなく、そこには作庭者の意図があり、その意図を説明できなければ意味がありません。

もちろんのことですが、施主様に承諾していただくということは言うまでもありませんが。

そんな中で、全体の構成を曲げずに、さらに良い空間演出となる為の仕上げをしていくのが庭の面白さです。
DSC09675-column2
なんだか心地いいいね!

とか

なんだか素敵!!

と言っていただける空間を造るのが仕事です。

なんだか分からないけど居心地が良い

その「なんだか」という部分は奥が深いのです。

それは木々の自然な表情だったり、空間構成のあり方だったり、周りとの調和であったりといろんな要因があります。

庭は本来は自然なものです。

そこに違和感があるようなことを排除していきます。

例えば庭の奥に電信柱や看板が見えてしまう。

そんなことは多くあります。

気にしなければ良いのですが、どうしても視界に入ってくる場合はそれを排除しなければいけません。

かといって、電信柱や看板を撤去したりは出来ませんので、大きめの茂った植栽で見ないようにしたりします。
些細なことですが、庭のレベルが上がれば上がるほどノイズが気になり始めます。

もちろん予算の都合上もありますから、全部から全部は無理かもしれませんが、アドリブを効かせながら細部に至るまで仕上げています。

お金を使ってきれいになるのはもちろんでしょうが、頭を使ってちょっとした工夫できれいになるのは私にとってもお客様にとっても喜びです(^^)

頭と感性を上手に使ってセンスあふれるお庭へ

そんな細部にまでこだわったお庭をご提案しています。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
明日も元気いっぱいイキイキと!田中でした(^^)



お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク