姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > 造園屋さんの仕事

造園屋の二代目として

造園屋

1429851687224-column3
こんにちは(^^)

サンガーデン

太陽の庭人 田中です。

今日は思い出話し

私は造園屋の長男として生まれました。

父は若くして創業し

若い造園屋さんに仕事が頻繁に

依頼もくるわけもなく・・・

生活は貧しかったようです。

でも

子供の頃から父の仕事を見て育ち

僕もいつかは造園屋さんになる

そう決めて

18歳で京都の造園会社に弟子入り

そのときのはっぴを

母親が大切にしてくれています。
20150426_092618-column2
私が修行時代着ていたはっぴ

母親が業者さんに頼んで額にまで入れて飾ってくれています。

母も父の仕事の手伝いをしていました。

現場での重労働に夏の厳しい暑さ、冬の寒さなどなど

現場から帰ると夜ご飯の支度、洗濯に掃除

ずっと働きぱなしだったように思います。

創業間もない父を陰ながら支えていたのだと・・・・
20150426_092853-column2
私は小さいころから父の仕事をよく手伝ってました。

それは休憩の時間にジュースやおかし♪

本当はそれがお目当てでした(笑)

小学校の文集では将来なりたい職業

友達はパイロットやお医者さん学校の先生とか模範解答!

わたしだけ 植木屋さん だったのでした(笑)

文集を見た母は少しがっかりした様子?

現場の辛さや収入の不安定さなどなど息子には安定した職業

が希望みたいでした(笑)

父は何も言いませんでしたが・・・嬉しそうでした。

私が京都に修行に行くと言った時

母は応援してくれました。
1430263444325-column2
父の跡を継いで今年で20年

最初は意見がぶつかり

いっぱいケンカもしました。

それもそのはず、庭に対する情熱だけは人一倍熱い!!

昔の考えと今の考え

あれから20年

それでも庭に対する情熱は募るばかり

気がつけばそんな志を持った

仲間がひとり

またまたひとり

いっぱい失敗もしたけれど・・・

みんなが支えてくれました。

私は造園屋の二代目

創業間もないころの父の庭に対する情熱も引き継ぎ

永代続く造園会社にして行きたいです。

そんな私たちの庭づくり

dsc05677-300x19919-column3
DSC018911
お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク