姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > 建築から学ぶ庭造り

建築から学ぶ庭造り

建物と庭の調和

20151111_1107564-column3
おはようございます(^^)
姫路のお庭造りのことなら造園外構エクステリア工事の株式会社サンガーデンにお任せ下さい!

太陽の庭人田中です♪
今朝は少し冷え込んでいますね・・・
昨日から温度も下がっています。
皆さん体調崩されないように
してくださいね!

さてさて
昨日はLIXILさんのセミナーに参加してきました。今月はセミナー続きで頭がパンクしそうな田中です(笑)
20151112_142841-column2
お昼からのセミナー
お昼ごはんも食べて一番眠くなる時間帯ですが・・・・
わざわざ姫路からこの勉強の為に来ているので寝るわけには行きません、必死でメモを取りながら学んでいます。

最近出来たグランフロント
さすが洗練されています、内装もフロアもすべてハイセンス
まとまりのある空間でした。

私もお庭にこんな感じで使えないかなーとか
この使い方が面白いとか(^^)
そんな事を考えていました。
20150917_124837-column2
床はウッド調のタイル貼り
壁も全面タイル貼りでボーダーのラインを入れてありました。
とても広々とした空間でした。
多分床を明るくして壁を落ち着いたカラーにするのには設計の意図があるのだと感じました。
20150917_1248281-column2
同じフロアからの屋上庭園(9階)です。
ノベ石のラインとゴロタ石高木とグランドカバーの植栽です。
ここが9階だということを忘れさせてくれる構成です。
20150917_135408-column2
ビルのエレベーターの床のタイル
ここでもデザイン性に優れた床になっていました。
人の動線を考えてデザインされたものだと感じました。
やっぱり最新のビルは違いますね!!
さすがグランフロント洗練されていました。

外からも中からも空間としてみてもそうですし、スポット的に見ても全てが今の技術プラスコンセプトがしっかりされていると感じました。

社長のつぶやき

dsc03575-185x14777
大局を見る。

このお庭の仕事をしているとお庭のことばかり集中してしまい、お庭だけにとらわれがちになってしまいます。
その結果お庭はすごく素敵なんだけど建物や周りの環境と調和していないみたいなことは良くありがちです。

先ほどのグランフロントもちゃんとしたコンセプトがありそれに基づいてビルだけではなく町並みも全てにおいて調和していることが大前提だと思います。

昔まだ若い頃お庭のリフォームをすることになりました。
リフォームなのでもちろん壁も汚れていました。
私はそんなことより自分のお庭のことしか頭にありませんでした、ちょうどその頃お庭だけではなく家の中もリフォームされることになり建築屋さんが入る事になりました。

事前に打ち合わせをみんなですることになりました、そしてその建築屋さんがお庭はすごく良い設計でデザインもすごくいいですね~でも後ろの背景の塀はどうされるんですか?
私は一瞬黙り込んでしまいました。

私は肝心な事を忘れていたのです。
お庭はお家から(家の中から)眺めるものと言うことをついついおろそかにしていたのです。
結果お庭の予算を少し削り塀の補修に使うことになりました。

その時のに学んだことは
自分の仕事と建築は密接な関係にあること
そして私達がお庭の仕事をして建築がより美しく見えなければいけない、建築の価値を上げるのが私の仕事だと痛感しました。

それ以降は大局的に物事をとらえ
建物や周りの環境や雰囲気など全てを調和させるようにコンセプトを明確に決めてお仕事するようになりました。

その建築屋さんのひと言がなかったとしたらいまだに庭のことしか考えられない造園屋さんでいたかもしれません。

そんな田中の庭造り
お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク