姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > 夏場の植栽工事(姫路の庭)

夏場の植栽工事(姫路の庭)

5b1da1e47584782b8de4c6ca897e106474-column3
こんにちは(^_^)
姫路市のお庭のことならサンガーデンへ。
和洋造園外構エクステリア工事はお任せ下さい。
姫路市飾磨区のお庭づくり専門店です。

株式会社サンガーデン太陽の庭人田中です(^_^)
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

夏場に木を植えても大丈夫?

20190725_1442511-column2
さてさて今日は夏に木を植えても大丈夫??

そんな質問が多いので少しお話させてもらいます。

残暑がまだまだ続いて暑い日々です。

植物は水分がなければ当然、枯れてしまいます。

まず夏場に植えれるのか?

答えは可能です。

いろんな条件がありますが植えることは可能です。

例えば植える時間帯を朝のうちの涼しい時間にしたり、雨降りなどは植物の負担が減ります。

もちろん植える気の種類や根の状態により不可能な場合もあるので、すべてが植えれる訳ではありません。

植付ても、ここからが大変なんです。

実は水やりが大変なんです。

植え付けた植物は根がはっていないので与えられた水分しか吸収できないため、日々の水やりは欠かせません。

まして移植はほぼ不可能です。

移植の際には根を切断しなければいけないので、完全に水不足になり枯れる場合が多いいです。

植付は根の状態が良いものやポット物などに限定されてしまいます。

いい状態で植え付けしても、のちの水の管理が大変です。

店舗のオープンに合わせて植える場合とかは仕方ありませんが、個人の住宅であれば10月以降の少し涼しくなってきてから植栽をされることをお勧めします。

木々にとって負担をかけすぎないことも、のちの生育に大きく影響してきます。

植栽は真夏よりも秋以降に!!

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
明日も元気いっぱいイキイキと田中でした(^^)

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク