姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > ジャパネクスモダンな坪庭 姫路

研修旅行 京都の美しい庭

研修二日目

社長
こんにちは(^^)
姫路市のお庭のことならサンガーデンへ
和洋造園外構エクステリア工事はお任せください
姫路飾磨区のお庭造り専門店です。

株式会社サンガーデン太陽の庭人田中です(^^)
いつも庭人ブログご覧いただきありがとうございます。

今日のブログは昨日の続き
研修2日目です(^^)
DSC_1151-column2
さてさて二日目の朝はウォーキングからスタート
見慣れない景色を楽しみながら散策してます(^^)
DSC_1015-column2
今日は京都のお寺巡り
朝からワクワクです♪♪
DSC_08861-column2
以前から行きたかった東福寺の庭
重森三玲作庭の方丈八相庭園
DSC_0884-e1499248398779-column2
お寺までの道のり
綺麗に積まれた石垣
流石京都、洗練されているなーと感じます(^^)
DSC_0892-column2
お庭に入ると丸い石柱
これは北斗七星を表現

流石昭和を代表するモダン庭園の重森三鈴氏
昭和14年作庭ですが、その時代にこんな発想をお庭に取り入れるとは、本当に発想力が豊富だったんだなーと感じます。

この円柱はお寺を解体した時の疎石で言わば廃材です。
仏教の教えで何一つ無駄にしてはいけないと言うことでこの石を使ってほしいとのご依頼があったそうです。
DSC_1182-column2
南庭の石組
DSC_0901-column2
苔山  5つの山を表しています。
土塀に京都の山を表現しています。

奥の一番高い山の後ろは土塀に土がかからないよう土留めの石垣がしてあります、こんな処理をお庭でしたのも当時は斬新だったようです。
DSC_1180-column2
いやー
いつまでも眺めていたいお庭にうっとりの田中(^^)
永遠の和モダンを感じています♪
田中の名園旅日記はこちら


DSC_0904-column2
こちらは日本古来の市松模様
サツキの生垣と白川砂で大きめの市松模様を表現
DSC_0911-column2
北庭
先ほどの大きな市松模様とつながりを持たせたデザイン
手前からの市松模様が奥に行くとなくなっていきます。

これは重森氏が日本画を描いている時にヒントを得たみたいです、日本画は遠近法もあるし手前ほどはっきり描いて奥の景色はぼかす技法です。

お庭が奥が深いし、お庭でのストーリーが分かるとお庭の見え方が変わります、きれいや新しいお庭だけが良いのではなく、お庭での意図が分かるとお庭を見ていても楽しいです。

今回の研修でお庭を学び
これからの庭づくりの何かが変わればと思います。
楽しい研修でした♪♪

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
京都のお庭を見て学びと刺激がたくさんの田中でした。

田中の名園旅日記はこちら

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク