姫路市の庭・エクステリア・外構工事なら、サンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経た【庭一筋28年】生粋の職人が、相談からプランニング、アフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > 京都での庭師修行時代の出来事

京都での庭師修行時代の出来事

社長
こんにちは(^_^)
姫路市のお庭の事ならサンガーデンへ。
和洋造園外構エクステリア工事はお任せください。
姫路市飾磨区のお庭づくり専門店です。

株式会社サンガーデン太陽の庭人田中です(^_^)
いつもブログご覧板だきありがとうございます。

修業時代の出来事

20150426_093455-column2
今日は京都での修行時代の思い出について

前回は師匠選びの記事を書きました。

田中の庭師の師匠選びはこちらから


今日は弟子入り一年目の出来事です。

一年目の夏頃お庭の剪定に行きました。

京都の町屋はウナギの寝床と言われるほど入り口の間口は狭く奥へ奥へ部屋があり中庭があります。

家の中に入り脚立を運んで中庭で作業をします。

兄弟子と二人で現場へ

「おはようございます!」と大きな声であいさつをして脚立を運んでいました。

長い脚立なので慎重に運びます。

その時「ガシャーン!」

窓ガラスを割ってしまいました!!!

どうしよー!えらいことしてしまった!

師匠に怒られる1

私はお客様に怒られるより、師匠に怒られることが怖かったのです。

まずはお客様に謝りました。

師匠があとからやってきて事情を話すと

「ケガはなかったか?それなら良かった!」

私はあ然となりました。

怒られると思っていたのに…

その後お客様に謝ってすぐにガラスを取り換える工事屋さんを手配してくれました。

師匠はそれ以降はそのことについては一切触れず、逆に怖かったです。

その日の夜「今日はすみませんでした!」と言うと師匠は「明日も気張りや!」

ガラスの修理費も高額だったと思います。

おそらくその日の売り上げは修理代で消えているはずです。

私は次の日から誰よりも早く師匠の庭の打ち水をして植木畑で剪定の練習をするようになりました。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
明日も元気いっぱいイキイキと!田中でした(^^)

造園外構エクステリア工事はこちら
お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク