姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOME社長ブログ > 本物の庭づくり庭師の石組や築山でまとまりのあるお庭造り 姫路

本物の庭づくり庭師の石組や築山でまとまりのあるお庭造り 姫路

しっくりとまとまりのある石組

144600337380421-column3
こんにちは(^^)

姫路市のお庭のことならサンガーデンへ
和洋造園外構エクステリア工事はお任せください
姫路市飾磨区のお庭造り専門店です。

株式会社サンガーデン太陽の庭人田中です(^^)

いつも庭人ブログご覧いただきありがとうございます。
一月もあっという間に終わり二月になりましたね?
今月もお庭造り頑張りたい田中です♪♪

播磨町でのお庭造り
お庭の石組や水鉢据えなどどんどん工事も進んでいます。
20170201_132444-column2
大小の15石の石組
お庭では偶数ではなく奇数の石組をします。

1石、3石、5石、7石と奇数でくみあわせていきます。
その理由はバランスだと思います。
2石の場合もありますが4石はありません。

その組合わせがお庭をまとまりのあるものにしてくれます。
20170201_114958-column2
また遠近法を使っています。
手前入り口付近に大きめの石、奥は少し小さめの石を使うことにより石の変化だけではなく奥行き感を出しています。

築山の起伏
ただ単に土を盛るだけではなくその築山にも起伏を付けコケを貼ったときにどうなるかを考えて仕上げていきます。

白川砂で仕上げていくお庭
白川砂は海です。築山は島そして庭石が山のイメージです。
ただ庭石を並べるのではなくすべてに意味があります。

20170201_130506-column2
水鉢(手水鉢)の据え付け
以前からこのお庭にあったものを再利用しています。

建物とお庭のバランスもあるのですべてのものを採用するわけにはいきませんがお客様の思い入れのあるものや値打ちのあるものなどは採用しています。
20170201_151111-e1486066753422-column2
手水鉢の据え付け
ここに植栽を絡めてホッとするような空間を造ります。
20170201_135303-column2
座敷からの眺め
田中が座敷に実際に座り、一番しっくりくる場所に据え付けします。外からの景観も大切ですが家からの眺めも考えて工事を進めます(^^)
20170201_151057-column2
石臼です。
水の面積が大きいので見た目も美しい!!

据え付けの際には水平器でレベルを見るのではなく、実際に水をためて高さを確認します。
これも庭師の知恵ですね!
水は正直です(^^)水平器より正確みたいです!

京都での修行時代はよく水をため水鉢の高さを出して少し手前に流れるように据え付けをしていました。

庭造りをするとき
やはり私が京都での修行時代がベースとなっています。
石組をするとき「もうちょっと右や!もうちょっと」と親方がよく言っていました。

「ちょとやつたらええやんか!」私は心の中でそう思っていました。でもだんだんとお庭のことが分かるようになってくると、その違いに気が付きます。

植木は成長しますが石は形を変えることはありません!
だからこそ、そのちょとが大切です。

妥協すれば妥協したお庭になります。
今の自分の実力を完全に出し切ったお庭造りをしたいといつも感じています。

100%ではなく120%を目指して日々成長していきたい!
本物のお庭造りがしたい!
お庭づくりを本気で取り組んでいます。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
本気でお庭造りに取り組んでいる田中でした(^^)

田中のお庭造りはこちら

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク