姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOMEスタッフブログスタッフブログ > サンガーデン藤本ブログ「土間コンクリート」

サンガーデン藤本ブログ「土間コンクリート」

18861-column3
おはようございます。
いつもサンガーデンブログを
ご覧いただきありがとうございます!
サンガーデン藤本です。

ついてを書かせてもらいました。

今回は「土間コンクリート」です。
どうぞ最後までご覧下さいm(__)m

土間コンクリート

7-1-column2
外構工事をすると、駐車場となるスペースは
土間コンクリートで仕上げることが多くなります。

今回はその方法を紹介していきます。

まずは仕上がりの高さを出してからすきとりをします。
ユンボを使ったり、狭いところは人の手で
掘っていきます。

社長はユンボを自分の体の一部かと勘違いさせるほど、
自由自在に動かします。

途中で何度も水糸を張って、同じ高さで
掘れているかを確認します。

すきとりで出た土は、他の場所への埋め戻しで
使うなどして、できるだけ無駄のないようにします。
7-2-column2
すきとりが終わると、型枠を組んでいきます。

図面通りになるように、ズレがないか確認を
繰り返します。

型枠を組むときのポイントとして、
ガチガチに組むのではなく、ほんの少し余裕を
もたせておくことが挙げられます。

こうすることで、型枠を外すときに
簡単に外すことができます。

型枠を組むときには、ノコギリにインパクト、
トンカチなどいろんな道具を使います。

意外と難しいのが真っ直ぐに板を切ることです。
試行錯誤の連続ですね。

次にワイヤーメッシュを入れていきます。
メッシュは滑りやすいので注意が必要です。

型枠の大きさに合わせてメッシュをカットします。
メッシュが入ると、メッシュを結束して
ずれないようにします。

頑丈な構造物を造るために重要な作業が続きます。
7-3-column2
いよいよ生コンクリート(生コン)を入れて
仕上げていきます。

生コンは一輪車で運ぶのですが、一輪車が
動かしやすいように、ワイヤーメッシュの上に
板を置くなどの工夫をします。

狭いところや足場が悪いところは手伝ってもらいます。
1人じゃないっていいですね。

生コンを押さえるコテにもいろんな種類があります。
自分で押さえるときは、あんなゴロゴロした生コンから、
こんなに綺麗なものができるんだなあと
ちょっと感動しています。

後日、型枠を外して完成となります。
どの作業も丁寧にしていきたいですね。
231435-column2
最後までご覧いただき有難うございましたm(__)m
次回も是非ご覧下さい。

お問い合わせはこちら