姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOMEスタッフブログスタッフブログ > 浴槽から眺める自然な坪庭 姫路

大きくなり過ぎたカイズカイブキの剪定 佐用

カイズカイブキを小さくする方法

d2553666e793b36a97ca3ed17f36e43b228-column3
こんにちは
姫路市のお庭のことならサンガーデンへ
和洋造園外構エクステリア工事はお任せください
姫路飾磨区のお庭造り専門店です。

株式会社サンガーデン太陽の庭人藤井です
いつも庭人ブログご覧いただきありがとうございます。

先日、佐用町でカーテンゲートの工事をした現場
門柱横のカイズカイブキを小さく剪定しました。
DSC_0807-column2
佐用町のお庭の剪定作業

門柱横の両サイドのカイズカイブキ
カーテンゲートを取り付けたので両サイドの植木が目立ち枝が広がっていました。

そのカイズカイブキをタイトにスマートにしていく剪定です
20170628041429-column2
大きくなった枝をさばきながら
全体のバランスを保ちながら小さくしていきます
20170628050152-column2
太い枝を抜いて新しい枝を作ります。
残す枝と切る枝を決定して作業を進めます。

下から見ては全体のバランスがとれているかを何回も確認しながらの作業になります。
DSC_08061-column2
枝を抜いてすっきりとなりました。
写真では分かりにくいですが枝の広がりがかなりタイトに


DSC_0808-column2
上から順番に小さくしながら枝抜きをします。
全体のバランスを意識して自然な印象に仕上げます。

不用な枝や枝数を少なくすることで植木に光が差し込み風通しも良くなりすっきりとします。

特にカイズカイブキは切り詰めが出来ません。
切りすぎると葉のとがったビャクシンのような葉が出てきます。
これを「先祖返り」と言います。

大きくなりすぎたカイズカイブキはこのように小さくすることがポイントになります。

何年かに一度
写真のような剪定をすることをお勧めします

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。
明日も元気いっぱい頑張りたい藤井でした

サンガーデンの造園外構エクステリア工事はこちら

お問い合わせはこちら