姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOMEスタッフブログスタッフブログ > 庭木のサツキの剪定について

庭木のサツキの剪定について

18861-column3
おはようございます。
いつもサンガーデンブログを
ご覧いただきありがとうございます!
サンガーデン藤本です。

ついてを書かせてもらいました。

今回は「サツキの刈り込み…」です。
どうぞ最後までご覧下さいm(__)m

サツキの刈り込みについて

105-column2
おそらくこれまでで最も多く刈り込みをおこなったのが
サツキだと思います。

サツキは基本的に丸い形に刈り込んでいきます。
刈り込む目安は昨年刈り込んだところと同じ所です。
昨年の切り口があったり、枝の色が異なるので
見ると分かることが多いです。

上の写真は刈り込みを始めてから1週間ぐらいの時に
家で練習したものです。
今だから言えることですが、
もっと短く刈り込んでもいいと思います。

この頃は、どこまで刈り込めばいいのかも手探りで、
同じ所を何度も少しずつ短くしていました。
そんなことをしていると、いくらでも時間がかかります。
「もっと短くしろよ」と
この頃の自分に言ってやりたいです。
1110-column2
これはサツキの刈り込み前の様子です。

サツキは上向きを中心に全方向に
枝葉を伸ばしていきます。

刈り込む前には仕上がりをイメージします。
理想とする形の線を頭の中で描きます。

これは社長に教えてもらったことです。

イメージをもつと、刈り込む高さがはっきりします。

刈り込むときにはまず大まかに
目標とする高さまで刈ります。
そして掛かり葉を落とし、高さを揃えていきます。

もちろん刈り込み前には周囲に寒冷紗を丁寧に敷きます。
この現場では地面が砂利なので特に丁寧に敷きました。
1210-column2
刈り込み後の様子です。

かなり綺麗な形になっていませんか?
1本だけ飛び出ているところもなく、
綺麗に仕上がっています。

刈り込み直後は掛かり葉は目立ちませんが、
日がたつにつれ茶色く目立つようになります。
掛かり葉の確認も大切です。

この現場は刈り込みを始めてから3ヶ月ほど
たってから行った所です。

最初の頃と比べると仕上がりが綺麗になったことに加え
刈り込みにかかる時間も大幅に短くなりました。

社長に、「刈り込みはとにかく量稽古」と
いわれていますが、確かにその通りだと最近感じます。

時間が短縮されたことを伝えたいのですが、
難しいですね。
丁寧さと早さの両立を目指して
刈り込んでいきたいと思います。
fa8ed72bbf755d313b7c0d908e476e40-column2
最後までご覧いただき有難うございましたm(__)m
次回も日々の仕事について書きたいと思います。
次回も是非ご覧下さい。

本格的に寒くなってきました。
寒いので夜寝る時に毛布をかぶって寝ていますが
朝になるとぐちゃぐちゃになってて寒いです。
風邪をひかないように気を付けたいと思います。
皆さまも体調管理お気を付け下さい。

お問い合わせはこちら