姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOMEスタッフブログスタッフブログ > サンガーデン藤本の3回目のブログです。

サンガーデン藤本の3回目のブログです。

18861-column3
おはようございます。
いつもサンガーデンブログを
ご覧いただきありがとうございます!
サンガーデン藤本です。

ついてを書かせてもらいました。

今日は3回目のブログになります。
今回は「サンガーデンで教わり学んだこと…」です。
どうぞ最後までご覧下さいm(__)m
e744556c4958d2f16a3ca296f8a237b8-column2
「何を教わり…何を学んだか…」

サンガーデンに入社してから毎日、新しいことや知らなかったことに出会います。
社長からは庭造りの知識や技術に加え、1人の社会人としての人間性についても教えてもらっています。
庭造りについては、現場やミーティングで丁寧に教えてもらっています。

今は剪定の方法を学んでいます。
両手ばさみでの刈り込みは基本中の基本といえます。
社長の説明を聞き、実際の作業を見て、どうすればいいのかを自分の中でしっかりと理解することが大切だと日々感じています。
刈り込みでは、丁寧に早く仕上げることを目指しています。
そのためには、ある程度粗く刈ってから細かく刈ることや、仕上がりのイメージをもって作業することを心がけることを教わりました。

掃除の方法も何度も教えてもらいました。
自分は狭い範囲の細かい葉まで集めて、綺麗にしてから、次の場所へ移動していました。
でも社長の方法は違っていました。
まず、ある程度広い範囲の大きな葉や枝を集めてしまう。
それから、小さい葉や細かい枝を集めていました。
自分も社長の方法ですると、効率が良いことを感じました。

竹ぼうきや熊手の使い方も学びました。
どうすれば早く掃除ができるか、道具を正しく使うために、頭を使って考えながら作業することが大切になります。
竹ぼうきは立てて使うだけでなく、寝かせて使うと、広範囲を一度に綺麗にできます。
考えながら作業することは、あらゆる場面で必要だと思いました。

準備の大切さについても教わりました。
準備がしっかりできていると、現場での作業がスムーズにできます。
現場に行ってから何か足りないことに気づくと、作業ができないことがあります。
でも、準備の段階で足りないものが見つかれば、その時に用意しておけば問題ありません。

自分も普段から前日に、翌日の持ち物の準備をするように心がけています。

1人の社会人として、どうすればいいのかということも学びました。
挨拶をすることや、言われたことはすぐにすること。
当たり前のようなことでも、できていない人もたくさんいるらしい。
当たり前ができるようになることが、信頼される人への第一歩だと思います。
fa8ed72bbf755d313b7c0d908e476e40-column2
最後までご覧いただき有難うございましたm(__)m
次回は仕事のやりがい今後の目標や夢・・・に
ついて書きたいと思います。
次回も是非ご覧下さい。

サンガーデンの庭施工実績はこちらよりご覧下さい。
お問い合わせはこちら