姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOMEスタッフブログスタッフブログ > サンガーデン藤本の4回目のブログです。

サンガーデン藤本の4回目のブログです。

18861-column3
おはようございます。
いつもサンガーデンブログを
ご覧いただきありがとうございます!
サンガーデン藤本です。

ついてを書かせてもらいました。

今日は4回目のブログになります。
今回は「仕事のやりがい、今後の目標や夢…」です。
どうぞ最後までご覧下さいm(__)m
e744556c4958d2f16a3ca296f8a237b8-column2
入社して半年が過ぎ、少しずつ仕事にも慣れてきたと感じています。
これまでに、外構工事や剪定などの作業をしてきました。
お庭が完成したときや、剪定ができてお庭が綺麗になったときは、「綺麗になったなあ」と気分がいいです。
お客様が喜んでいる笑顔を見ると、とてもうれしいです。
庭造りをしていてよかったと思う瞬間であります。

では、庭造りという仕事をこれからも続けていくにあたり、なにを目標や夢にしていけばいいだろうか。
もっともっと、お客様に喜んでもらうこともその1つなのだが、サンガーデンの目指すところは「超一流」だということを社長から聞いています。

超一流とはなんだろうか。

一流のさらに上ということになるのだが、自分なりに考えを整理してみました。

超一流の職人とは、社長が思い描く通りに作業をおこない、お客様の要望を超えるような庭造りをして喜んでもらう。
さらに、また何かあったときにはお願いしたい、と思ってもらえるような職人のことをいうのではないだろうか。

自分は超一流の職人になれるだろうか。

ある日突然、「今日から超一流の職人になりました。よろしくお願いします。」とはならないでしょう。
きっと、庭造りを辞めるまで追い求め続けていくべき存在なのです。
そのためには、普段から超一流を意識していく必要があります。

お客様に喜んでもらうにはどうしたらいいだろうか。

一緒に庭造りをおこなうみんなが、自分に求めている役割はなんだろうか。

考えながら行動することで、少しずつ超一流へと近づいていけるはずだと思います。

今は樹木の名前や葉の形を覚えたり、男結びや植木の刈り込みの練習をしたりしています。
庭造りにおいて、それらは基本中の基本といっていいことだと思います。
でも、基本ができない人に応用ができるわけがない。
基本を確実にできることも超一流には必要だと思います。
基本の積み重ねが、いつの日か、しっかりとした技術になると思っています。

そしてそのときには、超一流にずいぶんと近づいているのではないだろうか。

今なら答えられる気がします。
「将来の夢は何ですか。」

「将来の夢…」ブログはこちらです。
fa8ed72bbf755d313b7c0d908e476e40-column2
最後までご覧いただき有難うございましたm(__)m
次回は日々の仕事について書きたいと思います。
次回も是非ご覧下さい。

サンガーデンの庭施工実績はこちらよりご覧下さい。
お問い合わせはこちら