姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOMEスタッフブログスタッフブログ > サンガーデン藤本ブログ「実を楽しむ」

サンガーデン藤本ブログ「実を楽しむ」

18861-column3
おはようございます。
いつもサンガーデンブログを
ご覧いただきありがとうございます!
サンガーデン藤本です。

ついてを書かせてもらいました。

今回は「実を楽しむ」です。
どうぞ最後までご覧下さいm(__)m

実を楽しむ

4-1-column2
花が咲くと、その後には実がつきます。

お庭づくりをしていると、たくさんの実の成る木に
出会います。

この写真はピラカンサです。

ピラカンサには主に2種類あり、
黄色い実を付けるタチバナモドキと、
赤い実を付けるトキワサンザシがあります。

2種類が混合で植えられているものもあり、
同時に2色を楽しめるときもあります。

タチバナモドキは10~12月に黄色~オレンジ色の実を
付けます。
「実はボールみたいに丸い」と勝手に
思っていたのですが、少し潰れて薄くなっています。

実を楽しむのですが、ピラカンサには鋭い棘(とげ)が
あるので注意が必要です。
うっかり触ると痛い目に遭うので、慎重に扱いたいです。
4-2-column2
実は赤っぽいものをよく見かけますが、
赤くなる前の実を見てみましょう。
これはマンリョウです。
緑色の実が付いています。

この実が10月頃から赤くなり、お馴染みの姿になります。

このマンリョウは名前がめでたいので、
センリョウとならびお正月の縁起物とされています。

センリョウとマンリョウの違いはどこでしょうか。
実は意外と見分けやすく、センリョウは葉の上側に
実を付け、マンリョウは葉の下に実を付けます。

他にも葉縁のギザギザがセンリョウは大きいなど、
大きく異なります。

ジュウリョウやヒャクリョウと呼ばれるものも
あるみたいなので、それも見つけたいですね。
4-4-column2
そして、普段よく目にするものとは
異なる色をしているのがこの写真です。
これはブルーベリーなんです。

ブルーベリーといえば、青紫色の実のイメージですが、
熟す前は緑色をしています。
夏に熟して収穫期を迎えます。

ブルーベリーが庭木になるなんて、
思ってもいなかったのですが、
カキが庭に植えられていることを考えると、
果物系の木も十分に庭木になりますよね。

ブルーベリーは実だけでなく、
花と紅葉も楽しめるそうなので、
1年中お庭を明るくしてくれそうですね。
果物系の庭木からも目が離せません。
fa8ed72bbf755d313b7c0d908e476e40-column2
最後までご覧いただき有難うございましたm(__)m
次回も是非ご覧下さい。

夜、毎日同じ時間に空を見ると、
星の位置が少しずつ変化していることに気づきます。
冬の星空から春の星空へ変化しているんですね。
今日ですか?冬&春の星空ですかね。

今日も一日頑張ってきます!
お問い合わせはこちら