姫路市を中心とした周辺地域の外構やエクステリア、お庭のことならサンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経験した【庭・外構一筋28年】生粋の職人が、無機質になりがちな外構やエクステリアに緑を用いて四季折折に様々な表情を見せるお家にコーディネート。植栽のプランニングからアフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり。生きる外構・エクステリアへ
HOMEスタッフブログスタッフブログ > サンガーデン藤本ブログ「庭の見え方の変化」

サンガーデン藤本ブログ「庭の見え方の変化」

18861-column3
おはようございます。
いつもサンガーデンブログを
ご覧いただきありがとうございます!
サンガーデン藤本です。

ついてを書かせてもらいました。

今回は「庭の見え方の変化」です。
どうぞ最後までご覧下さいm(__)m

庭の見え方の変化

2-1-column2
こちらのお庭には、何度かお手入れをさせてもらっています。

初めて来たときには、「木がたくさんあるなあ」と
いうのが正直な感想でした。

大きな木から小さな木まで全て「木」です。
名前もよく分からないし、葉の違いなんて
気づきようもありません。

作業中も作業に必死で「どんな葉をしているのか」や
「どんな花が咲いているのか」に目を向ける余裕も
ありませんでした。

家に帰ってからの母との会話でも
「今日は何したん?」
「木がいっぱいあってなあ・・・」
と、いうとても伝わりにくい会話をしていました。
2-2-column2
2回、3回とお手入れに行くようになると、
明らかに見え方が変わりました。

それはお手入れをしたからというのではなく、
自分が見えてなかったものが見えるということです。

もう「木」ではありません。
マキやサツキ、サルスベリといったように
「木」が見分けられました。

他にも、「玄関前にはキタヤマスギがあったのか」と、
以前は視界にも入らなかったところにも気づきます。

これって凄いことじゃないですか?
そこにあるものに気づいていないことがあるんです。

普段の生活でも、実は面白いものや綺麗なものを
見過ごしてしまっていることが多いんじゃないかと
思うんです。

見過ごしている楽しいものに気づく、
これってサンガーデンでいつもやっている、
楽しい出来事を発表する「ハッピーニュース」
につながりますね。
2-3-column2
今はまだ樹木や石が見分けられるようになった段階です。

最初に比べると、とてつもない進歩です。

しかし、まだまだ成長できるところがあります。

いつの日か「樹木や石がなぜそこに配置されているのか」や、
「この石とあの石にはどういう関係があるのか」なども
考えられるようになると、もっと庭が違って見えると思います。

そのために、普段からいろんな樹木を見て、石を見て、
庭全体を見て、観察を続けていこうと思います。
fa8ed72bbf755d313b7c0d908e476e40-column2
最後までご覧いただき有難うございましたm(__)m
次回も是非ご覧下さい。

先週の暖かい日が嘘のように今週は寒いです。
寒暖差で体調を崩さないように気を付けます。
しっかり睡眠が一番です(#^^#)

今日も一日頑張ってきます!
お問い合わせはこちら