姫路市の庭・エクステリア・外構工事なら、サンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経た【庭一筋28年】生粋の職人が、相談からプランニング、アフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり
HOME施工事例植栽 > シマトネリコとレットロビンの生垣の植栽 姫路市U様邸
施工事例
シンボルツリーのある新築外構の植栽工事
Array
dsc041361-column1

葉の形は小さめで丸く、やわらかい印象のシマトネリコをシンボルツリーに選びました。

一年中緑の葉のある常緑のシマトネリコは玄関前のシンボルツリーとしては冬場も存在感たっぷりです。

シマトネリコはもともと暖かい地方の植木なのでこの兵庫では植付の冬は半落葉します。

一年を過ぎると寒さにも慣れて、一年中緑を楽しませてくれます。

dsc041381-column1

もともとは、コンクリートだけの玄関周りでしたが植栽部分のコンクリートを目地のラインに合せて削り植栽スペースを設けました。

冷たい感じのコンクリート部分に緑を植栽する事で温かみとやわらかさが生まれてきます。

足元には黄色い花が特徴のマホニアコンフーサを植付て土の部分をコンクリートの目地に使用している白の玉石と同じものでカバーしました。見た目も統一感のある仕上がりになりました。

 

dsc041351-column1

植えつける前にコンクリートを汚さないようにシートで養生してから剪定していきます。

高さは約2.5mの株立ちのシマトネリコ 全体を眺めてこの植木の顔と思われる一番見た目が良い部分を表側に想定し

不要な枝や混み過ぎている枝などをバランスよく剪定していきます。

もちろん道側だけではなく玄関からのバランスも考えて剪定していきます。

dsc04139-column1
dsc04140-column1

1mに3本程度を植えていきます。

これが数年で枝葉を伸ばして密集していきます。

レットロビンの特徴はなんと言っても春先の新芽の赤色です、刈り込めばまた新しい新芽を初夏まで楽しませてくれます。

dsc04137-simple-overlay

駐車場の端の部分にイロハモミジの株立ちを植栽しています。

冬の間は葉っぱはありませんが、雑木の枝ぶりなどが楽しめます。

モミジは新緑も紅葉も楽しめ 季節感を演出してくれます。

dsc04132-simple-overlay

 

 

 

着工前

玄関前は駐車場目的なので植栽を植えるスペースはありません。

コンクリートのみなので冷たい印象です。

dsc041381-simple-overlay

 

 

 

完成

コンクリートの一部を削って植栽スペースを設けました。

シンボルツリーのシマトネリコが植わりました。

玄関前にほんの一本で建物の印象が変わり、温かみの感じられる

玄関まわりに変身しました。

dsc04112-simple-overlay

 

 

 

 

着工前

土留めブロックとマサ土があるのみです。

温水器とエアコンの室外機だけが目立ちます。

dsc041391-simple-overlay

 

 

 

完成

生垣のレットロビンが植わりイメージが変わりました。

温水器やエアコンの室外機も目立たなくなりました。

植栽が入るだけでこんなにもイメージが変わります。

お問い合わせはこちら
関連の施工事例を見る

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク