姫路市の庭・エクステリア・外構工事なら、サンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経た【庭一筋28年】生粋の職人が、相談からプランニング、アフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり
HOME施工事例新築外構 > ユニソン ティーナaiのアプローチと生垣のある門回り姫路市K様邸
施工事例
広めのアプローチとやさしい印象の生垣
Array
p1010154-column1

オープンな門回りにユニソンのティーナ乱石風を敷き詰めした。

テラスにはバイクや自転車置場も兼ねているので防犯上門扉とアクセントにアルミ木目調の角柱を並べました。

p1010152-column1

手前の間口を広めにティーナを敷き詰め、遠近法を利用しながら奥行きを演出しています。

この部分は来客のための駐車場も兼ね備えているので、車が乗り入れしても大丈夫なように下部にはコンクリートをしっかりと敷き詰めています。

p1010155-column1

三協立山の親子門扉を取り付けて通常は80cmの開口幅ですが、

大きな荷物の出し入れ時には120cmまで開口することができます。

p10101651-column1
p1010157-column1

封入りマサキの生垣。

境界部分にブロックやフェンスではなく生垣を使用することでやわらかいイメージになります。

建物とも調和がとれまた街並みにもよく溶け込みます。

p10101622-simple-overlay

 

 

 

 

封入りの部分とのコントラストがかわいいらしい表情のマサキです。

葉っぱは丸くとてもやさしい、やわらかいイメージになります。

p1010158-simple-overlay

 

 

 

ますば支柱を等間隔に立てこみ、同縁を竹で作成してマサキを植え付けていきます。

植えた当初は隙間はありますが、植木は成長する物ですから数年で詰まってきます。

生垣の良いところは高さを自由に変えられるところですね、たとえば窓の部分だけ目隠しに高くするとか自由自在です。

その分お手入れも必要ですがきれいにカットさせた生垣は道行く人を楽しませてくれます。

p10101611-simple-overlay

 

 

 

 

マサキは大きくはないですがかわいい白い花をつけ秋には実も付けます。

鑑賞できるほどではないですが春夏秋冬植物の成長が楽しめます。

よく観察すると植物の成長が季節を知らせてくれます。

p1010153-simple-overlay

 

 

 

 

玄関ポーチ横のアールのくりぬき部分には植栽が入る予定です。

建物と駐車場部分にも隙間を空けて植栽帯を設けることで和らいだ印象の外回りになります。

お問い合わせはこちら
関連の施工事例を見る

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク