姫路市の庭・エクステリア・外構工事なら、サンガーデンへ。本場京都の庭で修行を経た【庭一筋28年】生粋の職人が、相談からプランニング、アフターフォローまで対応。新築外構から手入れに困った庭のリフォームまでお任せ下さい。まずはご相談下さい。
時を経るごとに、季節ごとに美しさを奏でる庭づくり
HOME日本の名園旅日記 > 石塀の魅力の閑谷学校

石塀の魅力の閑谷学校

300年前の石塀が見事

1446003371504-column2
日本の名園旅日記
いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は岡山県にある閑谷学校
なんといっても石塀は見ごたえあります。
300年前の石工による素晴らしい石積
それでは田中がご案内します。

出発します♪

20160320_103203-column2
江戸時代1670年に岡山藩主石田光政によって創建
世界最古の庶民のための公立学校です。

初めて閑谷後に来観した池田光政
(山水清閑、宜しく読書講額すべき地)と称賛
地方のリーダーを養成する学校の設立を決めたそうです。

役31年の月日を経て完成した学校です。
20160320_103656-column2
中でも閑谷学校と言えばこの石塀
300年前の石積がそのままの状態で残されています。

石積好きの田中にはたまりません(^^)
しかもこの石積見えている部分は3分の1程度
強度を保つため地下の岩まで掘り下げて石を積んでいます。
だからこそこの状態が保てるんですね。
20160320_103702-column2
外周756m
この学校のに独自の景観を作っています。
しかもこの石積石の中は栗石と言われる小石を入れています。
そしてそれを全部水洗いをして土を流しています。
土が入っていないので雑草も木も生えない
そんな工夫がされていたのですね。

この石積ここから山裾に向かって登っています。
見方を変えれば登り龍のようです。
20160320_103239-column2
独特の丸みを帯びた仕上げ
300年前の石工技術は相当なレベルの高さ
今のような道具も充実していない中こんな仕事が出来る
そう思うだけで先人の知恵を感じます。
20160320_103243-column2
長い年月を経ても当時のままの石塀
改めて石の素晴らしさを体感します。

20160320_104152-column2
楷の木

紅葉がきれいで左右対称に葉っぱが出ることから
学問の木とされているそうです。
20160320_104204-column2
葉が左右対称

新緑紅葉と楽しめる楷の木です。
20160320_105206-column2
建物中の基礎カメバラといわれる部分
この基礎石も石工の仕事です。
曲線のラインが見事です。
20160320_105155-column2
正確な仕事
建物を支える基礎石
コンクリートもない時代この石で強度を保つ
そして300年経った今も変わらない建物
昔の人はすごかった!
20160320_102936-column3
20160320_103056-column3
20160320_103754-column3
20160320_104623-column3
20160320_104024-column3
20160320_110803-column3
20160320_104554-column3
20160320_104908-column3
20160320_105244-column3
20160320_104557-column2
塀の屋根には備前焼
焼き物の自然な色合いが建物と調和しています。

20160320_110946-column2
外周の石塀は本当に見事
756m気が遠くなるような作業
31年の歳月を掛けた石積は300年後の今も堂々たる物です。
20160320_111055-column2
右の建物は文庫
厳重に三十扉
後ろの山は火除け山、しかもこの山人工の山
昔、本は貴重なものでしたから火事から守るために色々な工夫がされていたようです。
20160320_1029361-column2
300年前の石塀
長さ765m
手前は目地を詰めた石積
裏の山裾は山からの水を逃がすため目地が空けられています。
当時の先人達の知恵がうかがえます。
石一つ一つ自然石ではなく切石です。
ひとつ積むのにどれだけの手間隙がかかったのだろうか?
そしてこの建物に着手した石田光政の情熱

その情熱が31年もの間続いた。
そして人の心を動かし300年後の今もこうして形に残っている。
農民の中から志を持ったリーダーが一人一人輩出された。

この場所にいるだけでそんな想いが伝わり
一つ一つの仕事を見るとこだわりや情熱が伺えます。
20160320_113006-simple-overlay
椿山

建物の外側には椿山があります。

400本近いヤブツバキが植えられています。

まるでツバキのトンネル 映画(となりのトトロ)のようでした。

春になると満開のツバキ

きれいなツバキのトンネルでした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

その他の日本の名園旅日記はこちらから
お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 手描きパーススケッチ
  • サービス内容
  • お仕事の流れ
  • 各メーカー商品
  • おすすめ商品
  • 受賞歴
  • スタッフ紹介
  • 展示場案内
  • 施工エリア
  • 求人案内
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク